まずはじめにお読みください

仮住まいサポートネットをご活用いただけるのはこんなお客様です。

◯ご自宅を建替えするお客様

◯ご自宅をリフォーム、リノベーションするお客様

◯短期間で仮住まい賃貸住宅を探したいお客様

◯UR賃貸住宅をご検討のお客様

仮住まいサポートの概要はこちら

仮住まいのQ&Aはこちら

◯住宅営業マンで、お客様に仮住まいを提案する必要のある方

住宅営業マンはこちら

 

その他、こんな方も仮住まいサポートネットをお使いください。

例えばこんなケース

①遠方からの転勤

遠方から関西への転勤。忙しいので不動産を選ぶ時間もない。ましてや見に行く時間は取れない・・・。

馴染みの不動産屋なんてあるはずもないし。誰か提案して欲しい。

解決策

仮住まいサポートネットではUR賃貸住宅をあっせんすることがメインとなっています。(一般の賃貸物件やウイークリーマンションもご紹介しています)

URは旧都市開発公団ですので、ある意味日本で最大の大家さんです。

若干諸手続きが面倒ですが、これは弊社が大部分代行できますので、安心してお任せ下さい。

遠方からメール郵送のみで、入居先ご案内します。建物、部屋、町の状況を写真や映像で送ります。

転勤先の仮住まい、インターネットのみで解決します。

①東京から脱出組

東京でマンション住まい、だけど東京も疲れた。人も多すぎる東京から脱出して、老後は憧れの京都に住もう!

でも、京都のことよく知らないし、不動産屋も知らないし、家が売れないと新しく買えないし・・・。

解決策

家は売りに出して、まず京都のUR賃貸住宅へ住まいを移動する。そこで京都の空気を知る。数ヶ月経てばあそこに住みたいなどと出てくるはずです。

そして、その頃には東京のマンションも売れるでしょう。その後一軒家にするか、またマンションを買うか決めてもよし。

京都がイマイチだったら・・・、大阪や神戸もいいですしね。

②ここに住みたい!ので先に移動してしまう組

実際いらっしゃいました。とあるエリアに家を建てることが決定。でも土地情報も出ないし、注文住宅だから時間もかかる。

でも移動してしまいます。理由は子供の進学タイミング。このタイミングで家を考える人とても多いですよね。で焦ってしまう。失敗してしまう。

解決策

その場合も移動してしまう。その学区のエリアに。そうすればまず懸案事項がなくなります。

繁忙期のタイミングをずらして賢く家を建てられます。いや、実際この人は賢いと思いました。というのも本気になれるんです。家づくりに。

③家の買い替え組

家を買い換える。買い換える際には今の家を売ってローンを返さない限りは新しく買えない。

マンションから注文住宅へ。先に売るのにどこに住もうかしら。

解決策

買い替えは頭の悩ましどころですが、やはり先に売るのがストレスありません。

つなぎの数ヶ月、UR賃貸住宅に住んで経費を抑えましょう。注文住宅の際も土地から建築まで約1年以上、ピッタリの期間です。

いかがでしたか。一旦仮住まい。普通に仮住まいすること自体はあまりオススメしません。色んな諸経費がかかるからです。

でも、UR賃貸住宅を利用した一旦仮住まいのデメリットって引越し代が1回分余計にかかることくらいです。

詳しい内容など、お問い合わせ下さい。

こちらのフォームより 

入居時期・ご希望エリア・入居予算・部屋の広さ・その他要望を記載し送信下さい。

又は、下記連絡先よりお待ちしております。

TEL:050-3580-7889 FAX:06-6537-4874 mail:info@karisumai-support.net